メッセージを送る
ホーム 製品車の試験装置

IEC 62196-1 5000N 11000N 車両コネクタおよびプラグ用車両ドライブオーバー試験装置

認証
中国 Sinuo Testing Equipment Co. , Limited 認証
中国 Sinuo Testing Equipment Co. , Limited 認証
顧客の検討
現地の設置サービス、優秀な訓練および技術サポートを完成して下さい。もちろん私達をたくさん助けます。

—— アーリアDas

ありがとう。あなたの会社は私達によい協同が将来あることをことを非常に専門、私確かめますです。

—— フェルナンドFuentealba

それは次の必要性のためのあなたに戻って大きい購入、よいパッキングと受け取られるよいプロダクトです。

—— サラRashad

オンラインです

IEC 62196-1 5000N 11000N 車両コネクタおよびプラグ用車両ドライブオーバー試験装置

IEC 62196-1 5000N 11000N 車両コネクタおよびプラグ用車両ドライブオーバー試験装置
IEC 62196-1 5000N 11000N 車両コネクタおよびプラグ用車両ドライブオーバー試験装置

大画像 :  IEC 62196-1 5000N 11000N 車両コネクタおよびプラグ用車両ドライブオーバー試験装置

商品の詳細:
Place of Origin: China
ブランド名: Sinuo
証明: Calibration Certificate (Cost Additional)
Model Number: SNQC1010
お支払配送条件:
Minimum Order Quantity: 1
価格: Negotiation
Packaging Details: Plywood Case
Delivery Time: 1 Month
Payment Terms: T/T
Supply Ability: 10 Sets Per Month
詳細製品概要
回線試験所: 一駅 制御方式: PLC制御
ドライブ モード: 運転されるモーター 持ち上がる装置: 電気起重機
運送に荷を積みなさい: 5000N及び11000N 空気圧: (2.2±0.1)棒
ドライブオーバースピード: 8±2km/h & 0~5km/h 衝撃吸収性方法: ばねを弱めること
ハイライト:

11000N 車両ドライブオーバー試験装置、IEC 62196-1 車両ドライブオーバー試験装置

,

IEC 62196-1 Vehicle Drive Over Testing Apparatus

 
IEC 62196-1 5000N&11000N 車両コネクタおよびプラグ用車両ドライブオーバー試験装置

 
車両走行試験装置の製品情報:
 

適用される基準と条項: IEC 62196-1: 2022 条項 33。

この試験装置は、アクセサリが地面に放置されることを防ぐケーブル管理システムが装備されていない限り、プラグまたは車両コネクタが車両の衝突による損傷に対して適切な耐性を備えているかどうかを確認するために使用されます。
 
車両走行試験装置の試験原理:
 
メーカーが推奨するタイプの最小サイズのケーブルで配線されたアクセサリは、コンクリート床上の通常の安静位置に置く必要があります。(5000±250) N または (11000±550) N の破砕力は、従来の自動車用タイヤ P225/75R15 または荷重に適した同等のタイヤをスチール製リムに取り付け、( 2.2±0.1)バール。ホイールは、車両のコネクタまたはプラグの上を (8±2) km/h の速度で転がす必要があります。サンプルごとに異なる方向に力を加える前に、アクセサリを自然な静止位置に向ける必要があります。試験中のアクセサリは、力が加えられている間実質的に動かないように、固定位置に保持またはブロックする必要があります。いかなる場合でも、突出ピンに力を加えないでください。
 
車両走行試験装置の技術パラメータ:

 

テストステーション シングル
電気制御方式 PLC インテリジェント統合制御、カラー人間化タッチ インターフェイス操作
ドライブモード モーター駆動
耐荷重

A. 破砕力(5000±250)N

B. 破砕力(11000±550)N

ドライブオーバースピード

(5000±250) N テストの場合 (8±2) km/h

0~5km/h(11000±550)Nテストに設定可能

ロールオーバー方式 リニア モーター モジュールは、自動車のタイヤを駆動して前後の往復回転運動をシミュレートするために使用されます (実際のシーンでの車の前進または後退中に、車両のコネクタまたはプラグに偶発的に回転することによって引き起こされる損傷をシミュレートします)。
破砕力負荷 補助ウェイトを使用して破砕力を加える
ドライブオーバータイヤ

ST225/75R15

(5000±250)Nテスト用と(11000±550)Nテスト用の2本

タイヤの空気圧 (2.2±0.1) バール
テストフロア セメント/コンクリート表面の底板
昇降装置 電動ホイスト
タイヤの取り付け 電気ホイストの吊り上げと再構築
ドライブオーバー速度 タッチスクリーン上で表示・設定可能
衝撃吸収方式 ダンピングスプリング
電源 三相380V±10%、50Hz

車両走行試験装置の構造:

 

A. 試験プロセスの安全性を確保するために、機器のシャーシは保護カバーで処理されています。シャーシの底部には衝撃を吸収するフットパッドとプーリー構造が装備されており、取り付けと分解が簡単です。転がり試験は、頑丈なレールガイド、ローラーセットのスライド、高出力サーボモーターとタービン減速機を組み合わせてスピンドルを駆動して試験速度に達することによって実現されます。試料固定スライド装置にはファンクションボックス取付治具が装備されており、治具はユニバーサル調整可能(試料の大きさや形状に合わせて上下左右に調整可能)です。

B. 破砕力調整装置は上下に調整可能な構造となっております。試験片に供されるタイヤ、上部および下部スライディングフレーム、パワーシステムおよびカウンターウェイトは、全体として必要な試験重量であり、輸入された精密力センサーが装備されています。加えられた各力を微調整します。タイヤ接触サンプルが調整された後、力は自動的にゼロにリセットされ、力の値が再表示されます。したがって、各テストの力の精度が保証されます。

C. この装置は、タイヤの前後駆動の動作モードを採用しており(回転方向はサーボモーターの正負の回転によって駆動されます)、サンプルを固定したままにして、タイヤの往復回転の最も現実的なシミュレーションを実現します。これにより、試験片に対して模擬破砕が効果的に実行されます。

D.本体はPLC制御、タッチスクリーン、キャスターと接続ラインで構成されており、移動と接続が簡単です。

 

IEC 62196-1 5000N 11000N 車両コネクタおよびプラグ用車両ドライブオーバー試験装置 0

 

IEC 62196-1 5000N 11000N 車両コネクタおよびプラグ用車両ドライブオーバー試験装置 1

 

IEC 62196-1 5000N 11000N 車両コネクタおよびプラグ用車両ドライブオーバー試験装置 2

連絡先の詳細
Sinuo Testing Equipment Co. , Limited

コンタクトパーソン: Ms. Zoe Zou

電話番号: +86 13527656435

ファックス: 86-020-39185976

私達に直接お問い合わせを送信 (0 / 3000)